Tubidy News

News Portal

General

驚き!免許証写真で許される加工の限界

免許 写真 どこまで 許さ れる

運転免許証の写真、どの程度まで許されるのか?

運転免許証の写真って、けっこう厳しくチェックされるイメージがありますよね。でも、実際にはどこまでが許されるのでしょうか?今回は、運転免許証の写真のルールについて詳しく解説します。

運転免許証の写真のルールは、警察庁の「運転免許証等の交付基準」で定められています。この基準によると、運転免許証の写真は、以下の条件を満たす必要があります。

・正面からの顔写真であること
・無帽であること
・背景は無地であること
・服装は、制服や作業服でないこと
・表情は、自然であること
・視線は、正面を向いていること
・眼鏡やコンタクトレンズは、外さないこと
・ピアスやタトゥーは、隠さないこと

この基準を満たしていない場合、運転免許証の写真は不合格とされてしまいます。

運転免許証の写真のルールのなかで、特に注意したいのが、「表情は、自然であること」という点です。笑顔や真顔など、どんな表情でも構いませんが、不自然な表情は避けるようにしましょう。また、「視線は、正面を向いていること」という点にも注意が必要です。視線をそらしたり、カメラを下から見上げたりするのはNGです。

運転免許証の写真は、5年間有効です。5年経ったら、新しい写真を撮影して運転免許証を更新する必要があります。このときも、上記のルールを忘れずに守るようにしましょう。

免許 写真 どこまで 許さ れる

免許証写真は、運転免許証を取得するためには必ず必要なものです。しかし、免許証写真でどの程度の加工が許されるのでしょうか。

写真の加工

免許証写真では、原則として加工は禁止されています。しかし、一部の加工は認められています。

<strong>認められている加工

  • 明るさ・コントラストの調整
  • 色味の調整
  • シワやニキビなどの修正

認められない加工

  • 顔の輪郭の変更
  • 目の大きさや鼻の形の変更
  • メイクやヘアスタイルの変更

加工の程度

認められている加工であっても、その程度には制限があります。加工は、あくまでも自然な範囲内で行う必要があります。

許される加工の程度

  • 明るさ・コントラストの調整:写真全体の明るさやコントラストを調整することはできます。しかし、調整は自然な範囲内で行う必要があります。
  • 色味の調整:写真の色味を調整することはできます。しかし、調整は自然な範囲内で行う必要があります。
  • シワやニキビなどの修正:シワやニキビなどの修正は、自然な範囲内で行うことができます。しかし、修正は目立たないように行う必要があります。

免許証写真で加工をしない方がよい理由

免許証写真は、運転免許証を取得するためには必ず必要なものです。運転免許証は、運転をするための資格を証明するものです。そのため、免許証写真では、加工をしない方がよいのです。

加工をしない方がよい理由

  • 運転免許証の信頼性を損なう
  • 運転免許証の偽造につながる
  • 運転免許証の再発行手続きが必要になる


免許証写真の加工例

まとめ

免許証写真では、原則として加工は禁止されています。しかし、一部の加工は認められています。認められている加工であっても、その程度には制限があります。加工は、あくまでも自然な範囲内で行う必要があります。免許証写真は、運転免許証を取得するためには必ず必要なものです。運転免許証は、運転をするための資格を証明するものです。そのため、免許証写真では、加工をしない方がよいのです。

免許 写真 どこまで 許さ れる に関するよくある質問

1. 免許証写真で加工をすることはできますか?

はい、一部の加工は認められています。しかし、認められている加工であっても、その程度には制限があります。加工は、あくまでも自然な範囲内で行う必要があります。

2. 免許証写真で認められている加工とはどのようなものですか?

明るさ・コントラストの調整、色味の調整、シワやニキビなどの修正です。

3. 免許証写真で認められない加工とはどのようなものですか?

顔の輪郭の変更、目の大きさや鼻の形の変更、メイクやヘアスタイルの変更です。

4. 免許証写真で加工をするとどのような問題がありますか?

運転免許証の信頼性を損なう、運転免許証の偽造につながる、運転免許証の再発行手続きが必要になるなどの問題があります。

5. 免許証写真で加工をしない方がよいのはなぜですか?

免許証写真は、運転免許証を取得するためには必ず必要なものです。運転免許証は、運転をするための資格を証明するものです。そのため、免許証写真では、加工をしない方がよいのです。

.