Tubidy News

News Portal

General

熱なし-怖い感染症に立ち向かうための希望のメッセージ

熱 は ない 英語

熱だけでは英語では通じない!?

日本国内では、何か熱が出ていると決めつける前に、まず「熱ありますか?」と相手に聞いて、その後「熱は何度ですか?」と尋ねるのが一般的です。しかし、英語圏では、熱が出ていても「I have a fever.」と言うことはほとんどありません。

英語圏では、熱があることを伝えるときは「I have a temperature.」と言います。これは、熱が単なる症状であり、その原因は別にあるということを強調するためです。例えば、「I have a fever because I have the flu.」のように、熱の原因を明確にする必要があります。

「I have a temperature.」と言うときには、必ず温度を添える必要があります。これは、熱の程度を伝えるためです。例えば、「I have a temperature of 38 degrees Celsius.」のように、温度を明確にする必要があります。

熱はない!英語

はじめに

熱はない、それは英語では「I have no fever」と言います。英語圏の国々では、熱を測る方法や、熱がある場合の対処法などが日本とは異なる場合があります。ここでは、英語圏の国々で熱を測る方法や、熱がある場合の対処法などについてご紹介します。

熱を測る方法

英語圏の国々では、熱を測る方法が日本とは異なります。日本のように、体温計を脇の下に入れて測る方法もありますが、口の中に入れて測ったり、おでこに当てて測ったりする方法もあります。

熱がある場合の対処法

英語圏の国々では、熱がある場合の対処法も日本とは異なります。日本のように、解熱剤を飲んだり、安静にしていたりする方法もありますが、風邪薬を飲んだり、医師の診察を受けたりする方法もあります。

熱を測る場所

英語圏の国々では、熱を測る場所も日本とは異なります。日本のように、医療機関や薬局で熱を測ることができますが、学校や職場などで熱を測ることができる場合もあります。

解熱剤

英語圏の国々では、解熱剤の種類や用法・用量が日本とは異なる場合があります。日本のように、市販の解熱剤を購入することができますが、医師の処方箋が必要な解熱剤もあります。

病院

英語圏の国々では、病院のシステムが日本とは異なる場合があります。日本のように、予約なしで病院に行くことができますが、予約が必要な場合もあります。また、日本の健康保険制度とは異なるため、医療費が高額になる場合があります。

薬局

英語圏の国々では、薬局のシステムが日本とは異なる場合があります。日本のように、薬剤師が常駐している薬局もありますが、そうでない薬局もあります。また、日本の薬局とは異なり、薬剤師が処方箋なしで薬を販売できる場合があります。

学校

英語圏の国々では、学校のシステムが日本とは異なる場合があります。日本のように、学校に保健室がある場合もありますが、そうでない場合があります。また、日本の学校とは異なり、学校で薬を販売している場合があります。

職場

英語圏の国々では、職場のシステムが日本とは異なる場合があります。日本のように、職場で健康診断を実施している場合もありますが、そうでない場合があります。また、日本の職場とは異なり、職場で薬を販売している場合があります。

旅行

英語圏の国々を旅行する際には、熱を測る方法や、熱がある場合の対処法などについて事前に調べておくことが大切です。また、旅行中に熱が出た場合は、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

終わりに

熱はない、それは英語では「I have no fever」と言います。英語圏の国々では、熱を測る方法や、熱がある場合の対処法などが日本とは異なる場合があります。ここでは、英語圏の国々で熱を測る方法や、熱がある場合の対処法などについてご紹介しました。

よくある質問

Q1. 熱を測る方法は?

A1. 英語圏の国々では、熱を測る方法は日本とは異なります。日本のように、体温計を脇の下に入れて測る方法もありますが、口の中に入れて測ったり、おでこに当てて測ったりする方法もあります。

Q2. 熱がある場合の対処法は?

A2. 英語圏の国々では、熱がある場合の対処法も日本とは異なります。日本のように、解熱剤を飲んだり、安静にしていたりする方法もありますが、風邪薬を飲んだり、医師の診察を受けたりする方法もあります。

Q3. 熱を測る場所は?

A3. 英語圏の国々では、熱を測る場所も日本とは異なります。日本のように、医療機関や薬局で熱を測ることができますが、学校や職場などで熱を測ることができる場合もあります。

Q4. 解熱剤の種類と用法・用量は?

A4. 英語圏の国々では、解熱剤の種類や用法・用量が日本とは異なる場合があります。日本のように、市販の解熱剤を購入することができますが、医師の処方箋が必要な解熱剤もあります。

Q5. 病院のシステムは?

A5. 英語圏の国々では、病院のシステムが日本とは異なる場合があります。日本のように、予約なしで病院に行くことができますが、予約が必要な場合があります。また、日本の健康保険制度とは異なるため、医療費が高額になる場合があります。

.