Tubidy News

News Portal

General

**歴史のロマンが息づく古墳の王国**

古墳 が 多い 県

古墳巡りにぜひ訪れたい! 古墳が最も多いのはどの県か?

日本の歴史と文化を垣間見ることができる古墳。その数は何と20万以上とも言われ、全国各地に点在しています。そんな古墳の数が特に多い県を皆さんご存じですか?

古墳の数が最も多いのは、奈良県です。奈良県には、全国の古墳の約1割にあたる約2万基の古墳が集中しています。代表的な古墳としては、飛鳥時代の天皇陵である石舞台古墳や、日本最大の前方後円墳である箸墓古墳などが挙げられます。

奈良県が古墳の宝庫と呼ばれるのには、いくつかの理由が考えられます。まず、奈良県は古くから人が居住していた土地であり、弥生時代から古墳時代にかけて、この地域には多くの豪族が住んでいました。また、奈良県は東西を山に挟まれた盆地であり、交通の要衝として栄えていました。そのため、この地域には多くの古墳が築かれたと考えられています。

奈良県は、古墳巡りに最適な県です。歴史や文化に興味がある方は、ぜひ奈良県を訪れて、古墳の魅力を体感してみてはいかがでしょうか。

古墳の宝庫、日本の都道府県~歴史と文化の旅~

古代史の謎を解き明かす鍵となる古墳。その数は全国に数多く存在し、各県に特徴的な古墳が点在しています。今回は、古墳の宝庫ともいえる日本の都道府県を巡り、その歴史と文化を探訪します。

1. 奈良県:世界遺産に登録された古墳群めぐり

奈良県は、日本における古墳文化の発祥地であり、数多くの古墳が点在しています。中でも、世界遺産に登録されている「飛鳥藤原宮跡」は、7世紀に造営された古代都城の跡で、壮大な規模と美しい景観で知られています。また、「石舞台古墳」は、巨大な一枚岩を棺とした前方後円墳で、その威容は圧巻の一言です。

<center>
飛鳥藤原宮跡

2. 宮崎県:神話と伝説が息づく古墳群

宮崎県は、神話と伝説が息づく県であり、数多くの古墳が点在しています。中でも、「西都原古墳群」は、日本最大級の前方後円墳である「女狭穂塚古墳」をはじめ、大小さまざまな古墳が密集しており、その規模と美しさは圧巻の一言です。また、「鵜戸神宮古墳群」は、海に面した断崖絶壁に築かれた古墳群で、その神秘的な景観で知られています。


西都原古墳群

3. 茨城県:個性豊かな古墳群が点在する県

茨城県は、個性豊かな古墳群が点在する県です。中でも、「高松塚古墳」は、7世紀後半に造営された前方後円墳で、その内部には、極彩色の壁画が描かれており、古代人の芸術性の高さを物語っています。また、「鹿島神宮古墳群」は、鹿島神宮の周辺に点在する古墳群で、その数はなんと数千基にも及びます。


高松塚古墳

4. 群馬県:日本最古級の古墳が眠る県

群馬県は、日本最古級の古墳が眠る県です。中でも、「雷電山古墳」は、弥生時代後期に造営された前方後円墳で、その規模と美しさは圧巻の一言です。また、「八幡塚古墳群」は、前橋市の郊外に点在する古墳群で、その数はなんと数千基にも及びます。


雷電山古墳

5. 愛知県:尾張国の古墳文化を垣間見る県

愛知県は、尾張国の古墳文化を垣間見ることができる県です。中でも、「白鳥古墳」は、5世紀後半に造営された前方後円墳で、その内部には、金製の冠や勾玉など、貴重な副葬品が納められていました。また、「丸山古墳」は、名古屋市の郊外にある前方後円墳で、その規模は圧巻の一言です。


白鳥古墳

6. 兵庫県:播磨国の古墳文化を垣間見る県

兵庫県は、播磨国の古墳文化を垣間見ることができる県です。中でも、「箸墓古墳」は、3世紀前半に造営された前方後円墳で、その規模は圧巻の一言です。また、「五色塚古墳」は、姫路市の郊外にある前方後円墳で、その美しい墳丘は一見の価値があります。


箸墓古墳

7. 福島県:東北地方最大の古墳を誇る県

福島県は、東北地方最大の古墳を誇る県です。中でも、「亀ヶ岡古墳」は、4世紀後半に造営された前方後円墳で、その規模は圧巻の一言です。また、「千貫塚古墳」は、会津若松市の郊外にある前方後円墳で、その内部には、金製の冠や勾玉など、貴重な副葬品が納められていました。


亀ヶ岡古墳

8. 大阪府:古墳時代後期を代表する古墳が点在する県

大阪府は、古墳時代後期を代表する古墳が点在する県です。中でも、「仁徳天皇陵」は、4世紀後半に造営された前方後円墳で、その規模は日本最大級を誇ります。また、「履中天皇陵」は、堺市の郊外にある前方後円墳で、その美しい墳丘は一見の価値があります。


仁徳天皇陵

9. 千葉県:関東地方最大の古墳を誇る県

千葉県は、関東地方最大の古墳を誇る県です。中でも、「前方後円墳」は、4世紀後半に造営された前方後円墳で、その規模は圧巻の一言です。また、「円墳」は、千葉市の郊外にある円墳で、その内部には、金製の冠や勾玉など、貴重な副葬品が納められていました。


前方後円墳

10. 佐賀県:九州地方最大の古墳を誇る県

佐賀県は、九州地方最大の古墳を誇る県です。中でも、「丸山古墳」は、4世紀前半に造営された前方後円墳で、その規模は日本最大級を誇ります。また、「七ツ塚古墳」は、唐津市の郊外にある前方後円墳で、その美しい墳丘は一見の価値があります。


丸山古墳

結語

古墳は、古代史の謎を解き明かす鍵となる重要な史跡です。各県に点在する古墳を巡り、その歴史と文化を探訪することで、古代人の暮らしや思想を垣間見ることができます。ぜひ、この機会に古墳を訪れて、古代史のロマンに触れてみてはいかがでしょうか。

FAQ

  1. どの都道府県に古墳が多いですか?
  • 奈良県、宮崎県、茨城県、群馬県、愛知県、兵庫県、福島県、大阪府、千葉県、佐賀県などです。
  1. 古墳は何世紀頃に造営されたものが多いですか?
  • 3世紀から7世紀頃です。
  1. 古墳の形状はどのようなものが多いですか?
  • 前方後円墳、円墳、方墳などです。
  1. 古墳の内部にはどのような副葬品が納められていることが多いですか?
  • 金製の冠、勾玉、銅鏡、土器などです。
  1. 古墳はどのようにして造営されたのでしょうか?
  • 土を盛り上げて墳丘を造り、その中に棺を納めていました。

.