Tubidy News

News Portal

General

保安官と警察:地域の安全を守る守護者たち

保安 官 と 警察 の 違い

本質的な違いが気になる?保安官と警察官の相違点

警察官や保安官は、どちらも治安維持や犯罪捜査を担いますが、その権限や職権、勤務地などが異なります。今回は、保安官と警察官の違いを解説し、それぞれの役割について説明します。

保安官と警察官は、日本の警察官とは異なり、アメリカ合衆国の治安維持を担当する法執行機関です。保安官は、郡の最高法執行責任者であり、郡内の治安維持を担います。警察官は、市の最高法執行責任者であり、市内の治安維持を担います。

保安官と警察官は、どちらも治安維持や犯罪捜査を担いますが、その権限や職権、勤務地などが異なります。保安官は、郡内の治安維持を担い、警察官は市内の治安維持を担います。また、保安官は郡内の刑務所を管理する責任があり、警察官は市内の刑務所を管理する責任があります。

保安官と警察の違い

1. 警察と保安官の役割の違い

sheriffrolesaltpoliceandsheriffroleswidth300height200center”>
police and sheriff roles

警察は、都市部や郡部を管轄する法執行機関であり、犯罪の捜査や逮捕、交通違反の取り締まりなどを行います。一方、保安官は、郡全体を管轄する法執行機関であり、警察と同様の役割に加えて、裁判所の警備や収監者の護送、行方不明者の捜索などを行います。

2. 警察と保安官の権限の違い

police and sheriff authority

警察は、都市部や郡部を管轄する法執行機関であり、その権限は管轄区域内に限定されます。一方、保安官は、郡全体を管轄する法執行機関であり、その権限は郡全体に及びます。また、保安官は、州法によって特別の権限を付与されている場合があり、その権限は警察よりも広範囲にわたる場合があります。

3. 警察と保安官の組織の違い

police and sheriff organization

警察は、市町村の政府機関であり、その組織は市長や郡長によって任命された警察署長によって統括されます。一方、保安官は、郡の選挙で選ばれた郡の役人であり、その組織は保安官によって統括されます。警察署長は市長や郡長に対して責任を負いますが、保安官は郡の有権者に対して責任を負います。

4. 警察と保安官の採用基準の違い

police and sheriff recruitment

警察の採用基準は、市町村によって異なりますが、一般的に、高校卒業以上の学歴と年齢制限があります。また、警察官になるには、採用試験に合格し、警察学校で訓練を受ける必要があります。一方、保安官の採用基準は、郡によって異なりますが、一般的に、高校卒業以上の学歴と年齢制限があります。また、保安官になるには、採用試験に合格し、保安官アカデミーで訓練を受ける必要があります。

5. 警察と保安官の給与の違い

police and sheriff salary

警察官の給与は、市町村によって異なりますが、一般的に、年俸400万~600万円程度です。一方、保安官の給与は、郡によって異なりますが、一般的に、年俸500万~700万円程度です。

6. 警察と保安官の待遇の違い

police and sheriff benefits

警察官の待遇は、市町村によって異なりますが、一般的に、健康保険、年金、退職金などの福利厚生が提供されます。一方、保安官の待遇は、郡によって異なりますが、一般的に、警察官と同様の福利厚生が提供されます。

7. 警察と保安官の昇進の違い

police and sheriff promotion

警察官の昇進は、市町村の警察署長によって決定されます。一般的に、警察官は、階級が上がるにつれて、給与や福利厚生も向上します。一方、保安官の昇進は、郡の有権者によって決定されます。一般的に、保安官は、再選されることで、昇進します。

8. 警察と保安官の退職の違い

police and sheriff retirement

警察官の退職は、市町村の警察署長によって承認されます。一般的に、警察官は、20~30年の勤務の後、退職します。一方、保安官の退職は、郡の有権者によって承認されます。一般的に、保安官は、2~3回の任期の後、退職します。

9. 警察と保安官の社会的

.