Tubidy News

News Portal

General

オラクル クラウド:ビジネスの成功への鍵

オラクル クラウド 売れ ない

さらなる競争激化でオラクル クラウドの売れ行きが鈍化する中、同社は価格引き下げや新機能の追加など、生き残りをかけて様々な施策を講じている。

クラウド業界はこれまで、Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud Platformのいわゆる「ビッグ3」が市場を席巻してきた。しかし、近年では、OracleやIBMなどの従来型IT企業がクラウド市場に参入し、競争が激化している。

オラクル クラウドは、ビッグ3に比べて知名度や市場シェアで劣っている。そのため、顧客獲得に苦戦しており、売れ行きが鈍化している。

オラクル クラウドの売れ行きを鈍化させている要因は、価格の高さと機能の少なさにある。オラクル クラウドの価格は、ビッグ3に比べて高く、顧客は割高感を感じている。また、オラクル クラウドの機能は、ビッグ3に比べて少なく、顧客のニーズを満たせていない。

オラクル クラウドは、価格を引き下げて顧客獲得を図っている。また、新機能を追加して顧客のニーズに応えようとしている。しかし、これらの施策は、まだ十分な効果を上げていない。

オラクル クラウドは、ビッグ3に比べて知名度や市場シェアで劣り、顧客獲得に苦戦している。同社は、価格引き下げや新機能の追加など、生き残りをかけて様々な施策を講じているが、まだ十分な効果を上げていない。今後、オラクル クラウドが生き残っていくためには、ビッグ3に勝る独自の強みを見つけていく必要がある。

オラクル クラウドの販売不振:その理由と影響

オラクル クラウドとは?

オラクル クラウドは、オラクル社が提供するクラウドコンピューティングサービスです。オラクル社は、データベースソフトウェアやミドルウェアの開発・販売で知られる老舗ソフトウェア企業です。オラクル クラウドは、2010年にサービスを開始し、それ以来、急速に成長しています。

オラクル クラウドの販売不振

しかし、近年、オラクル クラウドの販売は不振に陥っています。その理由は、以下の通りです。

1. アマゾン ウェブ サービス(AWS)やマイクロソフト Azureなどの競合他社との競争の激化

アマゾン ウェブ サービス(AWS)やマイクロソフト Azureは、オラクル クラウドよりも早くからクラウドコンピューティング市場に参入しており、すでに圧倒的なシェアを獲得しています。オラクル クラウドは、これらの競合他社に遅れをとっており、シェアを伸ばすのに苦労しています。

2. オラクル クラウドの製品・サービスの価格が高い

オラクル クラウドの製品・サービスの価格は、競合他社よりも高い傾向にあります。これは、オラクル社がソフトウェアやミドルウェアの販売で大きな利益を上げており、クラウドコンピューティング市場でも同様の価格戦略をとっているためです。しかし、クラウドコンピューティング市場は、価格競争が激しい市場であり、オラクル クラウドの製品・サービスの価格は、競合他社よりも高いため、顧客に敬遠されています。

3. オラクル クラウドの製品・サービスの使い勝手が悪い

オラクル クラウドの製品・サービスの使い勝手が、競合他社よりも悪いという指摘があります。これは、オラクル クラウドが、まだ、開発途中であり、十分に成熟していないためです。また、オラクル クラウドは、オラクル社の既存のソフトウェアやミドルウェアと密接に連携するように設計されているため、オラクル社の製品・サービスに慣れていない顧客にとっては、使い勝手が悪いと感じる場合があります。

4. オラクル クラウドの販売チャネルが弱い

オラクル クラウドの販売チャネルは、競合他社よりも弱いです。これは、オラクル社が、従来、ソフトウェアやミドルウェアの販売に注力しており、クラウドコンピューティング市場に参入したばかりだからです。そのため、オラクル クラウドの販売チャネルは、まだ、十分に整備されておらず、顧客にリーチできていません。

オラクル クラウドの販売不振の影響

オラクル クラウドの販売不振は、オラクル社の業績に大きな影響を与えています。オラクル社のクラウドコンピューティング事業の売上高は、2016年度に前年同期比18%減少し、2017年度も前年同期比12%減少しました。また、オラクル社のクラウドコンピューティング事業の営業利益率は、2016年度に前年同期比7ポイント低下し、2017年度も前年同期比6ポイント低下しました。

オラクル クラウドの販売不振を打開するための施策

オラクル クラウドの販売不振を打開するためには、以下の施策が必要です。

1. アマゾン ウェブ サービス(AWS)やマイクロソフト Azureなどの競合他社との競争に打ち勝つために、製品・サービスの価格を下げる

2. オラクル クラウドの製品・サービスの使い勝手を向上させる

3. オラクル クラウドの販売チャネルを強化する

4. オラクル クラウドのマーケティング活動に注力する

5. オラクル クラウドとオラクル社の既存のソフトウェアやミドルウェアとの連携を強化する

結論

オラクル クラウドの販売不振は、オラクル社の業績に大きな影響を与えています。オラクル クラウドの販売不振を打開するためには、以下の施策が必要です。

1. アマゾン ウェブ サービス(AWS)やマイクロソフト Azureなどの競合他社との競争に打ち勝つために、製品・サービスの価格を下げる

2. オラクル クラウドの製品・サービスの使い勝手を向上させる

3. オラクル クラウドの販売チャネルを強化する

4. オラクル クラウドのマーケティング活動に注力する

5. オラクル クラウドとオラクル社の既存のソフトウェアやミドルウェアとの連携を強化する

FAQs

  1. オラクル クラウドとは?
  2. オラクル クラウドの販売が不振なのはなぜか?
  3. オラクル クラウドの販売不振はオラクル社の業績にどのような影響を与えているか?
  4. オラクル クラウドの販売不振を打開するためにはどのような施策が必要か?
  5. オラクル クラウドの今後をどのように予想するか?

Video 【マルチクラウド】Oracle Cloudまるわかりセミナー ~いまOracle Cloudが評価される理由とは?~